クラウドPBXの料金相場|初期・月額費用と回線費用を解説

クラウドPBXを活用するときには、内線数やユーザー数に応じて月額利用料金が必要となります。一般的な料金例とおすすめサービスを紹介するとともに、初期費用の総額やオプションサービスを含めた月額費用はどの程度になるのか解説します。

一般的なクラウドPBXのメリット

ビジネスフォンに不可欠なPBX(主装置)をインターネット上で用意し、物理的な機材の設置作業などの手間を省きつつ、外線・内線管理、保留・転送などの電話機能を実現するものがクラウドPBXです。少数ユーザーから迅速に使用開始でき、企業の成長に併せての拡大も容易であるため、その柔軟性と拡張性に多くの企業が注目を集めています。

ビジネスフォンの場合、ハードウェアであるPBXや多機能電話機は設備投資となり、固定資産や減価償却を考慮しなければなりませんが、クラウドPBXの場合、サービス使用料の形で月額料金を支払うため、通信費での計上となります。単純に両者を初期費用や使用年数での総費用で対比するのではなく、出資としてのあり方や業務に有用な働き面も含め、比較考量していく必須がありそうです。クラウドPBX導入時には、各サービスの料金を比較することにより、コストパ フォーマンスが向上するように考える必要があります。そのためにはIP多機能電話機のレンタルやリースの活用など、様々な方法を考慮する必要があります。

UC機能

それでは、クラウドPBXならではのパフォーマンスとはなんでしょう。UC機能が実装されたクラウドPBXでは、よりビジネスシーンに向けて洗練されたコミュニケーションができるのです。電話のほかにもメール、チャット、三者会議、ビデオ通話など、いくつかのコミュニケーション方法が含まれているUCの性能には、在席をチェックできるプレゼンス機能も実装されています。これを統合し、ひとつのプラットフォームで複合的に使用できるにしたものが「Unified Communication=UC」です。UCが持つ有用性を考慮する事により、導入効果を明確にイメージすることができるでしょう。

コスト対策

IP電話機、スマートフォン、タブレット、PCなど、色々な端末が活用可能なクラウドPBXでは、電話会議・Web会議などを手軽に行うことができます。その為、クラウドPBXの会議システム使用する事で「会議のための出張」をなくし、交通費などの経費が削減できます。

また保守・管理などの運用経費が削減可能なのも、オンラインサービスならではといえるでしょう。そして、初期費用が抑えられるのは言うまでもなく、事務所移転やレイアウト変更などに伴う施工費も抑えることが出来ます。これは、テレワークや在宅ワーカーなどの社外で働く人にも有効であり、幅広い働き方にも対応をするのです。

料金相場

クラウドPBXのサービスを提供している会社ごとサービスが異なり、自社に必要な機能を照らし合わせる必要があります。また、サービス提供の各社は複雑な料金体系となっているケースも多いです。初期費用やサービスを含めた月額利用料金の相場はどの程度なの把握する必要があるでしょう。物理的な設備を置かないクラウドPBXでは、機器や工事費用の必要はありませんが、サーバーの設定やシステムの構築部分の役務が「初期費用」として必要になります。

平均すると、10,000円程度が初期費用の相場だといえるでしょう。なかには初期費用が3,000円〜5,000円程度のサービスがあるものの、他の名目で初期費用に上乗せされており、総額は他社とあまり変わらないというケースもあります。

クラウドPBXの月額基本料金は、内線数またはユーザー数となっている場合が多々あり、端末数という意味ではどちらも同義といえます。1ユーザー2,000円程度というケースが多いです。取得する電話番号によっては月額基本料金が変更されるパッケージサービスもあり、総合的に判断していく必要があります。通話料については、一般回線で3分8円程度が料金の相場です。初期費用または月額基本料金が安いサービスでは1分10円など、通話料が高めに設定されているケースもあるため、電話の利用状況を考慮した判断が重量になります。1秒単位で通話料が設定されている事もありますが、全業種の平均通話時間が80秒前後との調査結果が出ていることにより、90秒単位で通話料金を設定しているサービスが割安だと考えれています。

TramPBX Cloud

月額利用料金のプランはたったの2つ。
IP電話機利用のみに限定した「TELuser」月額1ユーザー1,500円、IP電話機に加え、PC・スマートホン・タブレットも利用出来る「UCuser」月額1ユーザー2,500円というシンプルな価格体系になっています。

通信事業者であるトラムシステムでは、自社が提供出来る電話回線、インターネット回線も用意しており、既存で契約している回線の活用も含め、状況に応じて最安値になるようなプランを見積もるサービスを行なうなど、クラウドPBXを利用するにあたって柔軟に対応が可能です。

AWSを利用した強固なプラットフォームによる高い信頼性、99.95%を誇る安定性を持ち、セキュリティ対策も万全です。スピーディーな導入、容易な設定変更、ロケーションフリーというクラウドPBXならではの特性のほか、インスタントメッセージ、チャット、電話・Web会議、プレゼンスなどのUC機能も網羅。シンプルで明快な料金体系で、あらゆるニーズに応えます。

おすすめの多機能クラウドPBXサービス

多くのメリットがあるスマホ内線化をアプリで実現し、手軽な導入と高い拡張性・柔軟性を備えるクラウドPBXのなかでも、特におすすめできる多機能サービスを紹介しましょう。

TramPBX Cloud


– あらゆる企業に対応するスケーラビリティ
– 働き方改革を実現するクラウドPBX
– 高い信頼性と安定性と音声品質

TramPBX Cloudは、外線電話、内線電話、パーク保留、転送、留守電などのビジネスフォン機能はもちろん、UnifiedCommnication = UC機能を網羅したクラウドPBXです。

AWSを利用した強固なプラットフォームによる高い信頼性、99.95%を誇る安定性を持ち、セキュリティ対策も万全です。スピーディーな導入、容易な設定変更、ロケーションフリーというクラウドPBXならではの特性のほか、インスタントメッセージ、チャット、電話・Web会議、プレゼンスなどのUC機能も網羅。シンプルで明快な料金体系で、あらゆるニーズに応えます。


WRITER

トラムシステム(株)メディア編集担当 鈴木 康人

広告代理店にて、雑誌の編集、広告の営業、TV番組の制作、イベントの企画/運営と多岐に携わり、2017年よりトラムシステムに加わる。現在は、通信/音声は一からとなるが、だからこそ「よくわからない」の気持ちを理解して記事執筆を行う。