avayateltramkunmail
TRAM SYSTEM ビジネスフォン

TramPBX Cloud

最新のクラウドPBXによる業務改善

働き方を変えるコミュニケーションツール

電話は企業成長に合わせて利用する時代に

scroll

ABOUTTramPBX Cloudとは

全世界の中小企業向け電話システムでNo.1のシェアを誇り、累計60万システム出荷のAvaya Officeと, 日本のコンタクト/コールセンター市場で42%以上の圧倒的シェアを誇っているAvayaの中小企業向けコンタクトセンター製品Avaya Contact Center SelectをベースにしたクラウドPBXです。

創業以来3,000社以上の導入実績とリピート率92%を超えるトラムシステム株式会社が提供する、これからの働き方を変える画期的なコミュニケーションツールです。

在宅勤務のスタッフや多店舗間の電話連絡をスムーズにしたい。
社員個人のスマートフォンで内線を受けたい。
電話回線の数を企業成長に合わせて、柔軟にすぐに変更したい。
固定資産ではなく、サービスとして電話を利用したい。

など、これまでの電話の常識を変えるサービスが、
TramPBX Cloudです。

ABOUT画像
 

おかげさまでトラムシステムは、クラウドPBX事業者として高い評価をいただいております。

SCENEクラウドPBXの利用シーン

  • 製造一般企業 画像

    一般企業

    コードレス電話機の代替、固定端末の削減

  • SOHO 画像

    SOHO

    UCでスピード、小回りの効く対応が可能に

  • 多店舗間 画像

    多店舗間

    チャット、WEB会議を利用した店舗間コミュニケーション

  • 営業会社 画像

    営業会社

    顧客対応、バックオフィスとの連携

  • 建築会社 画像

    建築会社

    迅速で低価格な仮設事務所設営、現場作業員との連携

  • ホテル・旅館 画像

    ホテル・旅館

    メイキングスタッフ、フロントスタッフ間のコミュニケーション

  • 福祉介護・病院 画像

    福祉介護・病院

    ナースコールで患者の状況を見える化、運用コストの削減

  • 金融 画像

    金融

    バックオフィスとの迅速な連携、情報共有

  • システム・ゲーム制作 画像

    システム・ゲーム制作

    プロジェクトチーム内のコミュニケーション

  • 製造業 画像

    製造業

    取引先、社員間のコミュニケーション

  • 学校 画像

    学校

    期間での利用、職員間の共有

クラウドPBXにより、さまざまな業種の企業において、
現代の働き方改革に合った社内コミュニケーションを実現することができます。

クラウドPBX導入により、社内環境に大きな変化を

  • 在宅ワークの推進
  • サテライトオフィスの開設
  • 営業所、支店、支社間コミュニケーションの推進
  • 外出中の営業マンの負担軽減
  • 委託、派遣スタッフとの連絡
  • 複数名のチームで展開するプロジェクトの進行

CASE導入事例

詳細を見る

FLOWクラウドPBXの導入までの流れ

FAQクラウドPBXに関する、よくあるご質問

電話番号について

今、使用している会社代表番号(0AB~J)はそのまま使えますか?
もちろん、そのままご利用いただけますので、ご安心ください。
電話番号を増やしたい(減らしたい)場合はどのようにすれば良いですか?
当社にて承ります。なお、貴社ですでにキャリアの営業担当がいらっしゃる場合は連携することも可能です。
不要な電話番号がないかを調べたいのですが、手伝ってもらえますか?
もちろん、可能です。国家資格の保有技術者がお手伝いすることが可能です。
どのような番号を使えますか?
どのような番号でも使えます。詳しくはこちらをご参照ください。

電話回線について

クラウドPBXの導入を機に、通信費の見直しをしたいのですが?
当社が創業より培った電話に関するノウハウにて、最適な通信費のプランをご提案させていただきます。また、料金シミュレーションをお出しすることも可能ですので、ご利用明細をご準備いただければ、より詳細なシミュレーションを行うことも可能です。
不要な回線がないか調べたいのですが、手伝ってもらえますか?
もちろん、可能です。国家資格の保有技術者がお手伝いすることが可能です。
どのような回線を使えますか?
COT(アナログ)、BRI(INS64)、PRI(INS1500)であれば、どこのキャリア様の回線でもご利用になれます。
FAXは使えますか?
はい、もちろん使えます。

電話料金について

どうやって通話料金を削減できるのですか?
ご利用状況に合わせて、課金単位の秒数をご提供することにより、通話ボリュームに最適な通話料金になり、削減できる場合がございます。

端末について

どんな端末が使えますか?
下記のとおりとなっております。
電話機 スマホ/タブレット(アプリインストール) PC(推奨ブラウザ)
TramPBX Cloud ・Panasonic KX-UTシリーズ
・他一般SIP電話機
・Acrobit
・AGEphone
・Media5-fone
・iPhone、Android
・IE
・Chrome
・Firefox
TramPBX Cloud
PoweredBy Avaya
・Avaya製電話機
・一般SIP電話機
・Avaya One-X Mobile
・iPhone、Android
・IE
・Chrome
・Firefox
電話機は買う必要がありますか?
1.当社より購入、2.当社よりレンタル提供、3.自社にてご準備のいずれかにて、ご導入いただけます。

UC:IM/チャットについて

グループチャットはできますか?
はい、対応しております。
対応デバイスは何ですか?
デバイスフリーですので、どんなデバイスでも、インターネットブラウザ、アプリにてお使いになれます。
一斉送信はできますか?
はい、対応しております。

UC:Web会議について

専用端末は必要ですか?
いいえ、不要です。ノートPC内蔵WebCam(ウェブカメラ)や、外付けWebCamにて対応可能です。
同時に何デバイス接続できますか?
1会議あたり、1対1の2デバイス接続になります。オプションで複数接続することができます。
同時会議数はいくつありますか?
上限数は、契約数となります。
対応デバイスは何ですか?
デバイスフリーですので、どんなデバイスでも、インターネットブラウザ、アプリにてお使いになれます。
資料共有はできますか?
はい、対応しております。アプリケーション共有、画面共有ができます。
ホワイトボード機能はありますか?
はい、対応しております。
議事録機能はありますか?
はい、対応しております。共同編集も可能です。

UC:プレゼンスについて

在席状況は何種類ありますか?
「応答可能」「離籍中」「応答不可」の3種類がございます。
在席状況はカスタマイズできますか?
カスタマイズには対応しておりません。テキストで現状況を都度編集することは可能です。

構築について

準備が必要なものはありますか?
インターネット回線が必要となります。
新規立ち上げ、新規出店などの場合は当社にてご用意も可能です。
複数拠点をつなげたいのですが、どうすればできますか?
1.インターネットを使って電話端末やデバイスを接続する
2.インターネットVPNを構築し各拠点と接続する
の2種類の方法がございます。
拠点内に数台以上の電話端末やWifiを使って接続したい、という場合は2.をおすすめいたします。
法人代表電話番号をそのまま使いたい、というご要望であれば2.となります。
配線工事などは頼めますか?
もちろん、可能です。専任の自社技術者を派遣させていただきます。
導入までにどれくらいの期間がかかりますか?
お客様の規模によりますが、最短で1日、SI要件になりますと3か月程度となります。

業務システム連携について

基幹業務システムとの連携は可能ですか?
はい、可能です。当社システム部にて開発したミドルウェアもございますのでお問い合わせください。
お問い合わせ内容話を聞きたい資料請求その他会社・団体名必須ご担当者様名※フルネームでご記入くださいませ。電話番号※繋がりやすい番号をご記入くださませ。メールアドレス備考※こちらにお問い合わせ内容をご記入くださいませ。残りの必須項目/321