クラウドPBXや電話システムについてIT・通信のプロが解りやすく解説|voice

ビジネスフォンやクラウドPBXを電話・通信のプロがわかりやすく解説!

\ クラウドPBX資料 /

無料ダウンロード

フリーワード検索

2021.08.04

コールセンター / メリット / 導入事例 / 金融 / 介護 / 一般企業 /

業界別クラウドPBX導入事例5選!現場の声をリアルに紹介|トラムシステム

クラウドPBXの導入を検討するにあたり、実際に導入した企業はどう変わったのか、導入事例が気になる方は多いでしょう。この記事では様々な業界での導入事例を5つ紹介します。企業規模別のクラウドPBXのメリットについても解説しているので参考にしてください。

サムネイル画像

クラウドPBXとは

クラウドPBXとは、クラウド上に設置したPBX(構内交換機)をインターネットを通じてアクセスし、内線・外線・転送などの電話機能を利用するサービスです。

オンプレミス型PBX(ビジネスフォン)のように電話回線工事をする必要がなく、インターネットがあればすぐに利用開始できます。スマートフォンの内線化やチャット、ビデオ会議などのコミュニケーションツールも搭載されており、業務効率化やコスト削減の効果が期待されます。

【クラウドPBXのメリット】
・PBX(主装置)を購入する必要がないため、初期費用を抑えられる
・インターネット環境があればPBX機能を利用することができる
・スマートフォンを内線端末として利用できる
・複数拠点を持つ企業の場合、海外拠点であっても拠点間の通話をすべて内線で行える
・物理的な機器をオフィスに設置する必要がないため、地震などの自然災害時に破損する危険性がない
・機器のメンテナンスやセキュリティ対策を自社で行う必要がない
・回線の増減や設定などもブラウザから簡単に行うことができる

テレワーク(在宅勤務)、フレックスタイム制など新しい働き方にあった通信設備としてクラウドPBXの普及が進んでいます。クラウドPBXとビジネスフォンの相違点については下の記事で詳しく解説しています。

現場のリアルな声!業界別クラウドPBXの導入事例5選

多くのメリットがあるクラウドPBXは様々な業界で取り入れられ、コミュニケーション活性化、業務効率化などを実現しています。

この記事では以下5つの業界での導入事例を詳しく紹介します。

・コールセンター
・金融
・介護
・通販
・一般企業

コールセンター

CTI(コンピューターと電話を統合するシステム)やCRM(顧客管理システム)との連携ができるクラウドPBXは、オペレーターの対応時間の削減や応対品質の向上などの効果が期待されています。

「株式会社大垣ケーブルテレビ」では、従来ビジネスフォンを使用していました。しかし通話録音や電話件数の記録をおこなっておらず、お客様の声を業務改善に繋げることができていない状態でした。

コールセンターをより効率的・効果的に運用するため、通話録音やACD、着信履歴などの機能が搭載されたクラウドPBXシステムの導入を決めました。今後はシステムを活用した業務改善・業務効率化やコールセンター業務の委託などの事業拡大を目指しています。

金融

専門性の高いセキュリティ対策が施されているベンダーのシステム環境を、そのまま利用できる点がクラウドPBXの利点です。そのため多くの機密情報を扱う金融業界においても利用が普及しています。(※ただしセキュリティ対策はベンダーに依存します)

「鎌倉投信株式会社」では、設置したBCPオフィスで発生した電話システムトラブル(VPNの不具合)をコストをかけず改善したいという希望があり、目をつけたのがクラウドPBXです。実際にコストが安かったことと災害に強いという点が気に入った決め手となりました。将来的には業務で使用する電話システムを完全にクラウド化する方向で進めています。

介護

クラウドPBXでは従業員の個人スマホを業務用として利用できるため、自宅や外出先で電話を受けることができます。そのため緊急性が求められる介護業界でもクラウドPBXの導入が進んでいます。

「ライフサポート たいよう」では外出時に問合せの電話を取ることができないことが悩みでした。問合せに応えられないことで介護対象者に迷惑をかけていた状況です。

この問題を解決するためクラウドPBXの導入を決めました。

導入後は外出先で電話を取ることができる点、出れなかった着信は電話番号を確認してすぐに折り返しかけ直すことができる点が特に便利に感じています。音声についての不安がありましたが、固定電話と変わらない品質のため満足しているということです。

通販

コールセンターシステムとの連携が容易なクラウドPBXは、通販受注用コールセンターでも活躍しています。具体的には次のようなメリットがあります。

・急なコンタクトセンター設置の歳にもスピーディーに導入できる
・繁忙期などの時期に合わせて契約を変えられる
・個人のPCやスマートフォンを使って応対できるため、在宅コンタクトセンターに対応できる

「株式会社スタイルプラス」ではこれまで自宅の電話を使用していました。しかし引っ越しや事業拡大における機器の設置や社内にいないとき電話を取ることができないという悩みを抱いていました。その解決のために導入したのがクラウドPBXです。

導入後は「時間外の音声ガイダンスの切り替えが容易」「社外からでもスマホで内線が呼べる」といったメリットを感じています。

一般企業

一般企業におけるクラウドPBX導入のメリットには次のようなものがあります。

・スマホを内線端末として利用すれば固定電話が不要となる
・社外からも内線通話をかけられる
・個人のスマホから会社の代表番号で発信できる

「トラムシステム株式会社 総務部」では、社外での打合せ時に事務所にかかってきた電話を取ることができないこと、外出先から社内に連絡するとき内線番号で呼び出すため余計な取次が発生するといった悩みを抱えていました。

クラウドPBX導入後は外出先でも電話を取れるようになった、ダイヤルインが使用できるため余計な内線呼び出しが不要になり業務効率が上がったといったメリットを感じています。

その他の業界におけるクラウドPBXの導入メリットはこちらの記事で詳しく解説しています。ぜひあわせてご参考ください。


資料請求バナー

クラウドPBXの導入メリットは企業によって異なる

クラウドPBXのメリットに関しては多く紹介されていますが、自社で導入しても同じメリットが得られるかの判断は難しいところです。なぜなら企業規模や業務コミュニケーションの取り方は多種多様であるからです。

実際、クラウドPBXの導入メリットは企業によって異なります。つまりクラウドPBXに何を期待するか、使用目的を明確にすることが大切なのです。

ここからは企業の規模別にクラウドPBXを導入するメリットを解説します。

大企業・多拠点企業が導入するメリット

大企業・多拠点企業でクラウドPBXを導入すると得られるメリットは次の通りです。

・一箇所で集中管理できる
・インターネット回線を使用すればどこにいても内線は無料
・BYODを導入し通信機器の購入費を削減できる
・場所を問わず仕事ができるため柔軟な働き方ができる
・物理的な機器を必要としないため事業拡大・縮小に柔軟に対応できる

従来のビジネスフォンのように機器の購入・管理が不要となり、メンテナンスはベンダーに任せられます。本部での集中管理が可能となる他、内線通話は距離に関係なく無料となり、BYODの導入にもつながります。大企業であっても柔軟に事業拡大・縮小がおこなえる点がメリットです。

中小企業が導入するメリット

中小企業でクラウドPBXを導入するメリットは次の通りです。

・工事不要、短期間で電話設備の構築が可能
・事業拡大、縮小に柔軟に対応できる
・運用において専門知識が不要
・災害時の被害を減らすことができる

従来のビジネスフォンでは工事や設置作業があり、実際に使い始めるまで1ヶ月以上かかるケースも少なくありませんでした。工事不要のクラウドPBXなら最短1週間で導入できるため新規事業を立ち上げる際でも迅速に対応できます。将来的に事業拡大を検討する場合でも、インターネット環境が構築できれば柔軟に移行することができます。

個人事業主が導入するメリット

個人事業主がクラウドPBXを導入するメリットは次の通りです。

・短期間で利用開始できる
・レンタルオフィスでも利用できる
・スマートフォンで固定電話番号が使える
・オフィス移転・人員増強に柔軟に対応できる
・詳細なコールルールが設定できる

工事不要でスムーズに導入できるクラウドPBXは個人事業主にもおすすめです。インターネット回線やWiFi環境があればレンタルオフィスでも利用できます。専用アプリを使えばスマートフォンからでも固定の会社番号を使用できる点もメリットです。

高品質・安定性のおすすめクラウドPBXのご紹介

トラムシステム画像

高い品質・安定性のクラウドPBXをお探しの方は、顧客満足度調査で3冠を達成したトラムシステム株式会社のUNIVOICEがおすすめです。

外線電話、内線電話、パーク保留、転送、留守電などのビジネスフォン機能はもちろん、インスタントメッセージ、チャット、電話・Web会議、プレゼンスなどのUC(UnifiedCommnication)機能も網羅。

世界No.1を誇るAvayaの音声システムと、99.95%の高い可用性を持つAWSサーバーで品質と安定性を両立したサービスをご提供します。

スピーディーな導入、容易な設定変更、ロケーションフリー、そしてシンプルで明快な料金体系で、あらゆるニーズに応えます。

UNIVOICEバナー画像

まとめ

コスト削減・業務効率アップなどメリットの多いクラウドPBXは、現在多くの業界で導入されています。しかし企業によって導入によるメリットは異なるため、あらかじめ利用目的を明確にしておくことが大切です。本記事を参考に、自社での導入目的や期待する効果について考えてみましょう。


プロフィール写真

WRITER

トラムシステム(株)メディア編集担当 鈴木康人

広告代理店にて、雑誌の編集、広告の営業、TV番組の制作、イベントの企画/運営と多岐に携わり、2017年よりトラムシステムに加わる。現在は、通信/音声は一からとなるが、だからこそ「よくわからない」の気持ちを理解して記事執筆を行う。


UNIVOICEが東京MXの「ええじゃないか」という番組に取り上げられました。

注目記事Recommend Post

  • カスタマーサポートのテレワーク(在宅)化丨必要ツール・よくある課題と対応策を解説

  • 【BYODのセキュリティ対策】安全にスマホを業務利用するルールを解説

    2020.07.04

  • SIP電話とは丨仕組み・種類・メリットデメリットを解説

    2021.12.03