クラウド型ビジネスフォンとは|オススメする4つの理由とお客様の声

クラウド型ビジネスフォンとは 

クラウド型のビジネスフォンを導入することで、実際にはどのような効果があるのでしょうか。会社の電話をクラウド型のビジネスフォンにすることで、何故コスト削減をすることができるかをご紹介していきます。

通常のビジネスフォンとクラウド型ビジネスフォンの違い

通常の電話回線であれば、1回線につき一つの電話機でしか発着信をすることができません。しかしビジネスフォンを使う事によって、一つの電話回線で複数の電話機をつなげることにより共有することができます。そのため、外線だけではなく、内線通話や転送などがよりスムーズに行うことができるのです。

これは端末電話機と主装置=PBXと呼ばれるものをつなげることにより対応することができるのです。従来のPBXはハードウエアで接続をした電話機でないと利用をすることができませんでした。しかしクラウド型ビジネスフォンが登場し、同じ機能をクラウド環境にあるものであればケーブルなどで接続をしなくても電話機、スマートフォンなどでも利用をすることができるようになりました。日本国内の拠点や海外とでも利用可能です。このことがいかに企業にとって有意義なことがご紹介します。

クラウド型ビジネスフォンの仕組み

音声信号をパケットに変えることによって、音声を伝えるのがIP電話です。VoIPと呼ばれるテクノロジーが使用されているのです。クラウド型ビジネスフォンは、この音声パケットを受信者側に送ることによって、電話交換機の役割をしているのです。ここで利用をされているのがTCP/IPネットワークです。つまりWEBに接続する環境があれば、日本のどこの拠点であっても海外の拠点であっても発着信が可能となります。さらに電話機だけでなく、スマートフォンやソフトフォンでも利用が可能になるのです。

他にもクラウド型ビジネスフォン「クラウドPBX」とも呼ばれ、ネットワークサーバーであり、LAN接続することによりITツールと親和性があることも特徴のひとつです。例えば、担当者を自動で振り分けてくれるICR機能や、通話の録音、CRMとの連携も可能です。

クラウド型ビジネスフォンをおすすめする4つの理由

専用の電話機だけではなく、スマートフォンなど色々な端末を使うことができ iIT機器などと幅広い使い方ができるのがクラウド型ビジネスフォンです。 それでは実際にこのクラウド型ビジネスフォンを使うことによってどのようなメリットがあるのでしょうか。

コストの削減

これまでのビジネスフォンは、高額な主装置である PB X と対応している端末電話機、またそれらを設置する工事費が必要でした。しかしクラウド型ビジネスフォンを利用することで、 この PBX 専用の端末も購入する必要がなくなりました。それはクラウドサービスにより PBXが提供され、専用端末でなくてもクラウド環境であればどの電話機でもスマートフォンでも対応できるようになったためです。 またスマートフォンと繋げることにより、外出している担当者に直接転送することにより手間が省けるのです。

またクラウド型にすることにより、ベンダー側がメンテナンスを行うのでこれまでのようにメンテナンスの度にメーカーに来てもらう必要がなくなるのです。またメンテナンスする時にアップデートも行うので、常に最新の状態で利用することができます。また、サービスベンダーによっては、独自の通話料金テーブルを採用した電話回線・インターネット回線を、業務に最適な通信プランを提案できる場合もあります。

柔軟な運用ができる

これまでのビジネスフォンであれば、オフィスの引っ越しをする時はその都度、電話回線工事が必要となりました。また、電話番号が変更になることもあり、新たに電話番号を取得しなくてならないなど面倒な手続きや、費用が発生していました。しかしインターネット環境を使ったクラウド型ビジネスフォンは、これらの事が全く必要ありません。また工事が必要ないということは、すぐに運用開始することができるということであり、テレワーク、SOHO、仮設事務所の開設・開業といった幅広いケースで柔軟かつスピーディに対応することができるのです。

税金対策

これまでの高価なハードウェアを使っていた場合は、 固定資産税などを考え資産として管理をしていく必要がありました。しかし高価な端末を買う必要がなく毎月の料金を支払う必要があるクラウド型ビジネスフォンは、すべてが経費として計上することができるため税金対策にもなるのです。

ITツールの利用

パソコンの普及により、企業は電話回線だけではなく ITツールを利用することが多くなっています。エンドユーザーを待たせる事なく担当部署へ電話をつなぐIVR機能、着信番号から顧客情報を確認することが出来るCRM機能との連携など ITツールとの互換性が高くなり、これまで以上に効率化を図ることができます。

また最近では連絡ツールとしての電話だけではなく、チャットや Web 会議、プレゼンスなどを利用することが多くなっています。これらを機能追加することができるクラウド型ビジネスフォンを使うことによって、コミュニケーションを1つのツールに統一することができます。この機能を UC 機能といいます。

クラウドPBXを導入したメリット

クラウド型ビジネスフォンにチャットや Web 会議、プレゼンスなどを実装することにより幅広いワークスタイルにどう対応できるようになるんでしょうか。ここでは実際に UC 機能を導入した企業の声をあげていきます。

ピットクルー株式会社

業種 インターネット
事業内容 インターネットコンテンツのモニタリングおよび運営全般
ピットクルーでは従来のハードウェアを使ったビジネスフォンを使っていたのですが、レイアウトの変更を行うたびに配線作業やコストの面で大きな問題を抱えていました。そこでリプレースのタイミングで、トランシステムの 「TramPBX Cloud」を導入しました。

名古屋マリーン

業種 保険業
事業内容 保険代理店
事業所を開設する時に、テレアポ目的でのフリーダイヤルの手配を考えていたのですが通常のフリーダイヤルではコストが多くかかることが懸念されていました。トランシステムの提案では、通常の通話料が3分8円のところを90秒で4.5円と大きく通信量の削減に成功したのです。最終的に通信料金を6割程度までにできる見込みとなりました。

おすすめの多機能クラウドPBXサービス

月額利用料金のプランはたったの2つ。
多くのメリットがあるスマホ内線化をアプリで実現し、手軽な導入と高い拡張性・柔軟性を備えるクラウドPBXのなかでも、特におすすめできる多機能サービスを紹介しましょう。

TramPBX Cloud


– あらゆる企業に対応するスケーラビリティ
– 働き方改革を実現するクラウドPBX
– 高い信頼性と安定性と音声品質

TramPBX Cloudは、外線電話、内線電話、パーク保留、転送、留守電などのビジネスフォン機能はもちろん、UnifiedCommnication = UC機能を網羅したクラウドPBXです。

AWSを利用した強固なプラットフォームによる高い信頼性、99.95%を誇る安定性を持ち、セキュリティ対策も万全です。スピーディーな導入、容易な設定変更、ロケーションフリーというクラウドPBXならではの特性のほか、インスタントメッセージ、チャット、電話・Web会議、プレゼンスなどのUC機能も網羅。シンプルで明快な料金体系で、あらゆるニーズに応えます。


WRITER

トラムシステム(株)メディア編集担当 鈴木 康人

広告代理店にて、雑誌の編集、広告の営業、TV番組の制作、イベントの企画/運営と多岐に携わり、2017年よりトラムシステムに加わる。現在は、通信/音声は一からとなるが、だからこそ「よくわからない」の気持ちを理解して記事執筆を行う。