クラウドPBXや電話システムについてIT・通信のプロが解りやすく解説|voice

UCaaS・CCaas・VaaSなどの革新的な技術を電話・通信のプロがわかりやすく解説!

\ 資料一覧はこちら /

無料ダウンロード

フリーワード検索

2022.04.11

クラウドPBX /

クラウドPBXの通信量は?通話1分あたりの使用量や月の目安を解説|トラムシステム

PBX(構内交換機)をクラウド化したクラウドPBXは、低コストかつ短納期でPBX機能を構築できるツールとして注目されています。

特にクラウドPBXアプリによるスマートフォンの内線化は、通信手段の一本化が可能です。ただし、スマートフォンのデータ通信量に応じた利用料金が発生します。

本記事でクラウドPBXのデータ通信量や通話料の目安を知り、コスト計算に役立てましょう。
サムネイル画像

クラウドPBXアプリで使用するデータ通信量の目安

クラウドPBXアプリの利用で発生するデータ通信量は、サービスによって異なります。今回は3つのサービスのデータ通信量をまとめた表から目安を考察してみましょう。実際の通信量は電波状況などの影響を受けて変動するため、あくまで参考としてご覧ください。

クラウドPBXのデータ通信量

サービスによって通信量にばらつきがあるのが見て取れます。あえて目安を設定するとすれば、以下の通りです。

【クラウドPBXアプリのデータ通信量目安】
・1分あたりの通信量:0.5MB~1MB
・1時間あたりの通信量:30MB~60MB
・1か月あたりの通信量:600MB~1GB

1日1時間の利用であれば、多くの場合1か月1GB前後の通信量で収まります。ただし、1分あたりの通信量が1MBを超えるサービスの場合は、毎日1時間の通話で1か月1GB以上のデータ通信量が予想されるため注意が必要です。

クラウドPBXの通話料

クラウドPBXの通話料も確認しておきましょう。実は、多くのサービスで共通の通話料となっています。

【クラウドPBXの通話料(税抜)】
・固定電話との通話:3分/8円
・携帯電話との通話1分/16円
・内線端末との通話:無料

従来のビジネスフォンより安価な通話料となっており、距離による料金変動も発生しません。通話料の安さを最大限に生かすため、固定電話機を全廃してクラウドPBX+スマートフォンに切り替える企業も増加しています。

通信コストをさらにカットする方法

クラウドPBXは、工夫次第で通信コストをさらにカットできます。全て簡単な手続きで完了するため、1つずつ実行していきましょう。

【クラウドPBXの通信コストをカットする方法】
・電話回線契約数を見直す
・プロバイダーのプランを見直す
・インターネットFAXを導入する
・UC(ユニファイドコミュニケーション)機能で業務効率化

詳細は以下のリンク先の記事をご覧ください。

まとめ

データ通信量と通話料は、クラウドPBXアプリ導入時に考慮すべきポイントです。導入前に発生するコストを試算し、余裕を持ったプランを組み立てなければなりません。ベンダーと打ち合わせを重ね、最適な料金プランを策定しましょう。

高品質・安定性のおすすめクラウドPBX”TramOneCloud”のご紹介

高い品質・安定性のクラウドPBXをお探しの方は、トラムシステム株式会社のTramOneCloudがおすすめです。
cloudPBXl画像

外線電話、内線電話、パーク保留、転送、留守電などのビジネスフォン機能はもちろん、インスタントメッセージ、チャット、電話・Web会議、プレゼンスなどのUC(UnifiedCommnication)機能も網羅。
スピーディーな導入、容易な設定変更、ロケーションフリー、そしてシンプルで明快な料金体系で、あらゆるニーズに応えます。


プロフィール写真

WRITER

トラムシステム(株)メディア編集担当 鈴木康人

広告代理店にて、雑誌の編集、広告の営業、TV番組の制作、イベントの企画/運営と多岐に携わり、2017年よりトラムシステムに加わる。現在は、通信/音声は一からとなるが、だからこそ「よくわからない」の気持ちを理解して記事執筆を行う。


UNIVOICEが東京MXの「ええじゃないか」という番組に取り上げられました。

注目記事Recommend Post

  • 音声認識の活用事例とメリット丨企業・サービスでの活用シーンと課題を解説

    2021.04.30

  • 電話対応の苦手を克服する方法8つ!電話がうまくできない人の特徴も解説

  • ビジネスホンのリース期間とその内容|リース期間中の故障や保守について解説します