クラウドPBXや電話システムについてIT・通信のプロが解りやすく解説|voice

ビジネスフォンやクラウドPBXを電話・通信のプロがわかりやすく解説!

\ クラウドPBX資料 /

無料ダウンロード

フリーワード検索

2018.11.30

ダイヤル回線とプッシュ回線|仕組みや違いを解説|トラムシステム

アナログ回線にはダイヤル回線とプッシュ回線の2種類があり、二つの違いは送出される信号にあります。アナログ回線のダイヤル回線・プッシュ回線の仕組みの違いなどをトラムシステムが解説します。

サムネイル画像

ダイヤル回線とは

ダイヤル回線とは、黒電話などのダイヤル式電話機を使った場合、ダイヤルした数字に対応した回数のダイヤル・パルス信号を発することで電話をかける番号を伝達する方法です。

プッシュ回線とは

プッシュ回線では、ダイヤル回線とは異なりダイヤルした数字に対応した信号音(プッシュボタン信号)を発することで電話番号を伝達します。

ダイヤル回線とプッシュ回線の違いと見分け方

ダイヤル回線・プッシュ回線はそれぞれ異なる信号を用いてダイヤルする電話番号を伝達しています。具体的な違いと見分け方について解説していきます。

通信方法の違い

アナログ回線で接続された電話機は、電話局にある電話交換機と銅線(メタル線)で結ばれています。この銅線は常に電流が流れており、この銅線を介して電子を振動させ、音声通話が可能になっています。

電話機の受話器を上げることでスイッチが入る仕組みになっており、その後電話番号をダイヤルするとダイヤル回線ではダイヤルパルス信号が、プッシュ回線ではプッシュ信号が送出され電話をかけたい相手の番号を伝達します。

現在主流であるプッシュボタン式電話機で0~9の数字をダイヤルすると、受話器から「ピ、ポ、パ」と音が聞こえてきます。

プッシュ回線は、0~9の10種類の数字にそれぞれ異なる周波数の音が紐付けられており、数字を「音」として送っています。この音を電話交換機が読み取り、番号を認識します。

ダイヤル回線では、数字は「音」ではなく回線を瞬断する「回数」で表現します。ダイヤル回線を利用している黒電話で数字をダイヤルすると、回転盤が元に位置に戻る前に受話器から「カチカチ・・・」という音が聞こえます。

この音が回線を瞬断させている音であり、交換機は0~9の数字でそれぞれ異なる瞬断の回数を読み取り、繋ぎ合わせて番号を認識します。ダイヤル回線で行われるこの瞬断のことを「パルス」と呼びます。

ダイヤル回線は一つの数字ごとに回線を瞬断させるため、一つの数字=一つの音で識別するプッシュ回線よりも発信までに時間がかかります。また、プッシュ回線はダイヤル回線では使えない「*」や「#」といったボタンを使ったサービスを利用することができます。

料金の違い

料金についてはプッシュもダイヤルも違いはなく、基本的に、同一基本料金です。

見分け方

ダイヤル回線・プッシュ回線といった違いは外から見えるものではないため、自宅の電話機の回線の種類がわからないかもしれません。

電話機がダイヤル回線・プッシュ回線のどちらで接続されているかを確かめるためには、数字をダイヤルする時に受話器から聞こえる音を聞いてみましょう。

ある数字をダイヤルした時に「ジジーッ」と音がするのはダイヤル回線で、ピポパッと音がするのがプッシュ回線です。

回転ダイヤル式の電話機(黒電話)はダイヤル回線のみで接続しますが、プッシュボタン式電話機は加入契約時にダイヤル回線・プッシュ回線を選ぶことができます。

そのため、プッシュボタン式電話機=プッシュ回線とは限らないため注意しましょう。

まとめ

近年、一般家庭の電話機はアナログ回線からひかり電話やADSLなどへの乗り換えが進んでいますが、停電時でも利用できるアナログ電話は、緊急時にも電話が開通している必要がある企業や機関、主要施設で未だ多く採用されています。

アナログ回線の仕組み、メリット・デメリットについては次の記事で詳しくまとめています。合わせてご覧ください。


WRITER

トラムシステム(株)メディア編集担当 鈴木 康人

広告代理店にて、雑誌の編集、広告の営業、TV番組の制作、イベントの企画/運営と多岐に携わり、2017年よりトラムシステムに加わる。現在は、通信/音声は一からとなるが、だからこそ「よくわからない」の気持ちを理解して記事執筆を行う。


UNIVOICEが東京MXの「ええじゃないか」という番組に取り上げられました。

注目記事Recommend Post

  • PBX・クラウドPBXの停電対策とは?災害時にIP電話を使う方法も解説

    2021.04.16

  • ファイルサーバ活用術

    2017.05.23

  • 法人用オンラインストレージの選び方丨セキュリティ対策・比較ポイントを解説