クラウドPBXや電話システムについてIT・通信のプロが解りやすく解説|voice

ビジネスフォンやクラウドPBXを電話・通信のプロがわかりやすく解説!

\ クラウドPBX資料 /

無料ダウンロード

フリーワード検索

BREKEKEのおすすめ新品・中古ビジネスフォン丨ビジネスフォン図鑑|トラムシステム

サムネイル画像

Brekekeビジネスフォンの特長

ビジネスフォンメーカーとしては、21世紀から新規で参入した若い企業です。近年では、NextremerのAI対話システムminaraiとBrekekePBXのビデオチャットを組み合わせた対話AI機能など、最新のテクノロジーを活用した製品開発で成長が期待されている企業です。

こんな人におすすめ

今後の普及が期待されるBrekekeのビジネスフォンは豊富なラインナップがあり、幅広い規模の企業に導入できます。

各メーカーの特長についてはこちらの記事で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

おすすめBrekekeラインナップ(新品)

SIPサーバー

BrekekeのSIPサーバーは、SIPプロトコルベースの即時に対応したコミュニケーション・プラットフォームとして、主にサービス事業者、企業などで使われています。BrekekeのSIP サーバーは、NATトラバーサル、柔軟なルーティング機能、マルチトランスポートなど、様々な機能を揃え、高品質で信頼性の高いIPコミュニケーションを低コストで実現しています。

また、経路制御の自由度が高く、相互接続性、拡張性に優れており、様々なSIPデバイスの接続、会議やナースコールのシステムなどにも利用されています。

主な特徴として、高い相互接続性、SDN対応、ブロック機能、NATトラバーサル、オート・プロビジョニング、IPv4・IPv6対応、TLS・UDP・TCP・WS・WSS対応、冗長化機能・迂回機能、モバイルへのプッシュ通知機能、Windows・Linux対応などが挙げられます。

IP-PBX

BrekekePBXは、SIPプロトコルをサポートしたIP-PBXです。高い拡張性により、様々な要望に適用することができ、コールセンター、企業、サービス事業者などで幅広く使われています。

シングルテナント版とマルチテナント版があります。シングルテナント版は、企業が自社の施設にインストールして運用するのに利用できます。マルチテナント版は、多くの組織の電話システムを1台のサーバーで構築できるため、企業向けの電話サービスを行うのに向いているでしょう。

・マルチライン・ビジネスフォン対応IP-PBX
NAKAYO、Panasonic、SAXSAなどのSIP端末で、ラインキーの操作ができます。過去のPBXの持つビジネスフォン機能を使いたい人も、問題なくIP-PBXへの移行が行えます。例えば、Panasonic製のIP電話機でラインキーに保留した通話を、NAKAYO製のIP電話機からラインキーで拾い上げることも可能です。

・APIによる拡張、アプリ連携
PAL WebSocket APIにより、簡単にアプリとの連携ができます。オペレーターのコンソールやコールセンター向けCRMなど、IP-PBXと連携したアプリを開発できます。

・IVR(自動音声応答)デザイナー
IVRのフローをGUIで簡単に作成できます。IP-PBXでありながら、自動音声応答の専用システムに匹敵する機能を備えているため、多くの自動音声応答のサービスとしても利用されています。

・セキュリティー
音声の暗号化などに対応しています。また、SIPを利用した攻撃に対しても、ブロックするための機能を取り揃えています。

・品質の高いプロトコル
BrekekePBXには、BrekekeSIPサーバーがバンドルされており、SIPサーバーとしての機能も充実しています。BrekekeSIPサーバーの持つ多くの機能が、BrekekePBXとしても利用可能です。

・コールセンター
コールセンターシステム用のIP-PBXとしても利用できます。多くの企業により、BrekekePBXを基本としたコールセンター機能が開発、販売されています。

UC(ユニファイドコミュニケーション)

BrekekeUCは、オフィスのユニファイドコミュニケーションをウェブブラウザだけで実現するアプリのパッケージです。電話、電話会議、チャット、グループチャット、ビデオ会議が全てブラウザだけで利用可能です。ウェブブラウザのOSは問わないため、スマホ、タブレットからも利用できます。

・音声通話、ビデオ会議機能
BrekekePBXと連携してWebRTCを使った外線・内線電話、ビデオ電話会議ができます。ウェブブラウザからパソコンやスマホを使用して音声、ビデオの通話をすることが可能です。もちろん、ソフトウェアをインストールする必要はありません。BrekekeUCの利用者同士ならボタン1つで電話でき、3人以上の会議電話もできます。BrekekeUCに参加していない顧客や外線に対しても直接ダイヤルをして電話するのが可能です。

・チャット機能
チャット機能の文章送信、2人以上への一斉送信、グループチャットができます。文章送信だけでなく、ドラッグ&ドロップによるファイル転送、画面共有、資料共有の機能も備えています。チャットの履歴は単語や期間などで検索することが可能です。

・プレゼンス表示、通知機能
他のBrekekeUC利用者の状況はリアルタイムに確認できます。チャットや通話の着信はデスクトップにポップアップ通知にもできます。チャット中は相手がメッセージを打っていることを確認可能です。

・ユーザー管理
アクティブディレクトリやBrekekePBX と連携したユーザー管理をすることができます。BrekekePBXを使っている場合はユーザー情報を自動的に共有できますので、サーバーにBrekekeUCをインストールすればすぐにサービスを利用することが可能です。

・ウェブチャット機能
オフィス内のチャットだけでなく、サイトにチャットを設置し、顧客の問い合わせをチャットで受けることができます。オンプレミス、クラウドサービスのどちらの環境でも利用できます。オンプレミスで自社内だけのUC環境を作ることで、データを会社内で管理することができ、データ流出などのリスクを減らせます。
BrekekeUCのユーザー同士だけではなく、他のブラウザや、その他SIPフォントも通話を行うことが可能です。

ソフトウェアメーカーのBrekekeとは

ブレケケ・ソフトウェア(Brekeke Software Inc)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンマテオに本社があります。SIP対応ソフトウェア開発会社です。社名の由来として、Brekeke (ブレケケ)の社名は、ハンガリー語でカエルの鳴き声を表したもので、日本でのカエルの鳴き声「ケロケロ」にあたります。

事業内容はコールセンターシステム、IP電話会議サービス、IP電話回線全通話録音システム、IP電話オートコールシステム、IVR開発キット、SaaS/ASPによるIVRサービスの提供等です。

ブレケケ・ソフトウェアの歴史

ブレケケ・ソフトウェアは2002年6月にアメリカで設立されました。2004年1月には小規模企業向けSIP対応IP-PBXを提供していきます。2005年11月にはNAT越えに対応したSIPサーバーを販売します。2005年12月に通話経路のフェイル・オーバーに対応したPBXバージョン1.5を発表しました。2006年1月にINTERNET TELEPHONY誌の2005年「Product of the Year Award」を受賞します。

2008年11月にマルチテナントエディションの提供、クラウドサービス事業者によるIP-PBXのSaaSの開始をします。2010年2月にINTERNET TELEPHONY誌の2009年「Product of the Year Award」を再受賞しました。2012年3月に64bit OS、IP V6対応ブレケケPBXバージョン3をリリースします。2014年10月にはブレケケPBXがWebRTC接続をサポートしてきます。

日本ブレケケとは

株式会社日本ブレケケ(英語名: Brekeke Japan Inc)はアメリカカリフォルニア州においてVoIPソフトウェアを開発、販売しているブレケケ・ソフトウェアの関連会社です。ブレケケの製品を取り扱うとともに、IP電話・コールセンターなど、電話関連のソフトウェアの開発、販売、導入コンサルティングも行っています。提供している製品を利用したサービスには、無料で電話会議(カンファレンス・コール)を利用できる「テレカン君」というサービスがあります。


WRITER

トラムシステム(株)メディア編集担当 鈴木 康人

広告代理店にて、雑誌の編集、広告の営業、TV番組の制作、イベントの企画/運営と多岐に携わり、2017年よりトラムシステムに加わる。現在は、通信/音声は一からとなるが、だからこそ「よくわからない」の気持ちを理解して記事執筆を行う。


UNIVOICEが東京MXの「ええじゃないか」という番組に取り上げられました。

注目記事Recommend Post

  • ACW/AHT/ATT丨コールセンターの生産性を向上させる3つの指標の改善方法

  • VoIPとは丨音声をIP化する仕組み・シグナリングとプロトコル

    2018.10.26

  • 【2022年】IP電話会社一覧!比較ポイントやおすすめ050アプリも紹介

    2022.08.03