会社の通信費を下げる2つのポイント

2017.05.23経費削減

通信費削減の2つのポイント

POINT-1 無駄な回線を整理しましょう。

不要な回線をそのままにしておくと使ってもいないのに固定費を支払うことになります。ここでいう不要というのは電話番号のことではありません。回線契約数のことです。人員が増えたり、部署ができたりで新しく回線契約を繰り返しているようだと、見直しをするとびっくりするぐらい無駄なものがでてきます。それらの整理だけで月々数万円規模で削減できることを当社はよく見かけます。

通信の世界では当たり前のことですが、電話番号と通話路の数は比例させる必要はありません。
電話番号1つで10人同時通話も可能ですし、電話番号10個で1人しか通話出来ないという構成も可能です。問題は電話回線をいかに効率よく運用させるかにあります。業者に言えば今の現状把握とこうしたらいいというアドバイスくらいすぐにでも出してもらえます。ですが中には業者によっては特定の回線や物しかお勧めしない場合もあります。業者は信頼のおけるところに頼みましょう。

POINT-2 携帯電話への通話料金がいかに高いかを認識しましょう。

現代において請求金額の大半を占めるのがこの携帯電話への通話料金といっても過言ではありません。例えば固定電話から固定電話(長距離も含む)への通話料金はキャリア各社が競争した結果、どこで契約しても最低水準くらいに落ち着いています。もっと言えば通話料金に関して言えばどこでも大差はありません。(基本料金やプラン毎の運用費には違いがあります。)

その中で携帯への通話料金削減が大きな要因を担っています。

今のビジネスホンや電話交換機にはそれに対応すべく様々な機能の拡充や携帯キャリアとの協業により通話を無料にしたり削減したりする取り組みが行われています。
もしビジネスホンや電話交換機の入替えをご検討であれば必ずこのことを頭に入れなければなりません。ビジネスホンや電話交換機のメーカや機種によりそのサービス提供方式が違うからです。
だからと言って、自分で調べるのは至難の業です。それは実に多くの業者でもよくわかっていないくらいサービス提供の仕組みだからです。知識や実績のある業者とのお取引をされることがまず第一に必要なことと思います。

もう一点

非常に重要な、というか当たり前のことですが、通話料金の削減をする為に、何か機器を買うとすれば(もちろんそのままでも可能です。)その費用も含めて何カ月、何年で費用対効果があるのかを細かく検討しなければなりません。
例えば5万円の機器を買って、毎月千円くらいしか通話料金が下がらないのであればやる意味が無いというよりもやらない方が賢明です。これも業者の知識と誠実さにおけるところになるでしょうか。

最後に・・

当社でよければ少しでもお役に立てれば思い、無料で診断サービスを行っています。
削減が急務な方はご連絡いただければ対応させていただきます。

おすすめの多機能クラウドPBXサービス

多くのメリットがあるスマホ内線化をアプリで実現し、手軽な導入と高い拡張性・柔軟性を備えるクラウドPBXのなかでも、特におすすめできる多機能サービスを紹介しましょう。

TramPBX Cloud


– あらゆる企業に対応するスケーラビリティ
– 働き方改革を実現するクラウドPBX
– 高い信頼性と安定性と音声品質

TramPBX Cloudは、外線電話、内線電話、パーク保留、転送、留守電などのビジネスフォン機能はもちろん、UnifiedCommnication = UC機能を網羅したクラウドPBXです。

AWSを利用した強固なプラットフォームによる高い信頼性、99.95%を誇る安定性を持ち、セキュリティ対策も万全です。スピーディーな導入、容易な設定変更、ロケーションフリーというクラウドPBXならではの特性のほか、インスタントメッセージ、チャット、電話・Web会議、プレゼンスなどのUC機能も網羅。シンプルで明快な料金体系で、あらゆるニーズに応えます。


WRITER

トラムシステム(株)メディア編集担当 鈴木 康人

広告代理店にて、雑誌の編集、広告の営業、TV番組の制作、イベントの企画/運営と多岐に携わり、2017年よりトラムシステムに加わる。現在は、通信/音声は一からとなるが、だからこそ「よくわからない」の気持ちを理解して記事執筆を行う。