クラウドPBXや電話システムについてIT・通信のプロが解りやすく解説|voice

ビジネスフォンやクラウドPBXを電話・通信のプロがわかりやすく解説!

\ クラウドPBX資料 /

無料ダウンロード

フリーワード検索

ビジネスフォン・電話交換機工事で失敗しない業者選び|トラムシステム

近年ビジネスホンや電話交換機(PBX)は飛躍的に進歩してきています。通信キャリアの光サービスやIP化などが大きな要因となりそれに対応するべく端末側設備も機能向上しています。その反面、ますますユーザー側には分かりにくい業界となってきています。

今もしくはいずれビジネスホンや交換機をお探しの方にはそんな状況の中、よりよい通信設備をその環境に合わせお使い頂くべく、業者選びの方法や注意点をまとめてみました。

サムネイル画像

失敗しない業者選びのの4つのポイント

1.今までのお付き合いの中で信頼できる業者に頼む

これはその業者の事が分かっているので信頼できるところならば一番いいでしょう。信頼関係があれば御社の環境に合った提案をしてくれるはずです。また御社の状態が事前に分かっているので間違いが少ないというのも一つの利点です。

2.電話や訪問などでくる営業員に相談する

この方法が一番取引の多いものです。ですが、多いのには理由があります。
それは営業員の言いなりで契約してしまうことが多々あるからです。以前問題になった悪徳訪問販売もこの方法の一つでした。特に個人事業主様や情報システムの部門を持たない法人様などが営業員の勧めで導入し、今までよりも使い勝手が悪くなったり、リース金額が高いといった事になってしまいました。
当然誠実に営業活動をしている業者もありますがその判断をするのは容易ではないのが現実です。
なぜその様なことになるのかというのは現在の通信業界が多種多様なサービスや機能が次々に出てきてユーザーにとって非常に分かりにくく、またどれが一番自社にとってメリットのあることなのかがはっきりしない為、営業員の提案が間違いないと思い全ておまかせにしてしまう事が一番の要因と言えます。いろんなサービスもうまく使えば本当にメリットとなりますが一つ間違うとデメリットとなってしまいます。
提案内容の不明点などなんでも質問するのがよいでしょう。誠実な営業員であれば提案内容のメリット、デメリットを含め説明してくれるでしょう。

3.知り合いに紹介してもらう

これはその業者のことが事前に分かっているので上記同様信頼できるところならばいいでしょう。しかし紹介してもらった手前、納得がいかなくても断りにくいという反面があります。紹介してもらう前に十分な下調べをしたほうがいいと思います。

4.インターネットで探す

最近増えているのがこの方法です。インターネットを使えば様々な業者のことが調べられます。また見積もりだけなら大体のところは無料且つすぐにやってくれます。その業者の特徴などもすぐ分かるのではないでしょうか。
新規に事務所を開設されて取引先業者にあてのない方はこれが一番でしょう。只一点、取引されるのに現地情報がない分、しっかりとした打ち合わせが必要です。
2.の営業員の提案も一度検討するといってインターネットで様々な情報を調べるのも間違いの無い取引につながると思います。今インターネットには情報が溢れなんでも気軽に調べられる時代になっています。それはビジネスホンの様な専門機器にもいえる事です。

業者選びの重要性

現在お付き合いしている保守会社・販売会社へのご不満や営業員の提案を断るべきか、受け入れるべきか、又どうやって断ろうかなどのお悩みを抱えているのをよく耳にします。
それは現在信頼のできる誠実な業者と取引していないからと思われます。日々進む通信業界に合ってそのことは致命的なことと認識しなければなりません。

今現在業種を問わず通信ネットワークというのはビジネスにおいて重要な役割をもっています。それをうまく使えるかどうかは業者選びに全てが掛かっていると言えます。機器のメーカーや機能などはその後で選ぶべきでしょう。

又、できれば近在の専門業者を選ぶといいでしょう。通信設備はその高い機能を有しているため一旦トラブルが起こるとすぐ対応しなければなりません。その点から遠方の業者との取引はリスクが少なからずあります。

*当方は名古屋地区でお取引させていただいていますが別地区のご相談、営業所や支店・支社の拠点間のご相談があれば信頼のおける業者を紹介させていただいております。また当方でのお取引をご希望であれば遠方に限りメーカー対応などの処置も取らさせていただいております。

上記以外の事でも分からない事など電話をいただければご相談に乗っております。お気軽にご相談下さい


WRITER

トラムシステム(株)メディア編集担当 鈴木 康人

広告代理店にて、雑誌の編集、広告の営業、TV番組の制作、イベントの企画/運営と多岐に携わり、2017年よりトラムシステムに加わる。現在は、通信/音声は一からとなるが、だからこそ「よくわからない」の気持ちを理解して記事執筆を行う。


UNIVOICEが東京MXの「ええじゃないか」という番組に取り上げられました。

注目記事Recommend Post

  • IP-PBXとは丨機能・種類・ビジネスフォンとクラウドPBXとの違い

    2018.12.03

  • 【コンタクトセンター問い合わせ日記②】UC機能とスマートフォン連携について

    2020.07.01

  • 格安クラウドPBXはなぜ安い?構成と価格の関係・最安導入の方法を解説

    2021.11.05