IP-PBXとは|インターネットを使って進化したビジネスフォンの魅力とクラウドPBXの違い

IP-PBXとは、インターネット回線を使って通話を可能とした電話交換機です。ビジネスフォンとIP-PBXの違いとメリット、またクラウドPBXとの違いととはなんでしょうか。

IP-PBXとは

いくつかの電話機で外線と内線を共有し、外線・内線電話、保留・転送を行うビジネスフォンでは、その制御をPBX=主装置が行っています。今までのビジネスフォンは、このPBXと電話機とのネットワーク構築に電話線を使用していました。

IP-PBXは、IP電話の使用を前提にしたビジネスフォンで今までのPBXを置き換えるものであり、インターネットに接続されたうえで、IP電話機とのTCP/IPネットワークを構築します。

IP-PBXのネットワークの仕組み

「Internet Protocol Private Branch eXchange」がIP-PBXの略となります。これまで電話回線を使っていたものがインターネット回線に変わったと考えてよいでしょう。またこれまでは必ずハードウェアが必要だったんですが、インターネットを使うことによりハードウェアだけじゃなくサーバーにソフトウェアをインストールすることもできます。

これまでのビジネスフォンにないものを提供

IP-PBXは外部のIPネットワークと接続される一方、内部端末とはLANによるTCP/IPネットワークで接続されています。

つまり、電話で活用される音声信号は、パケットと呼ばれるデータに変換され、ネットワーク内に伝送されます。

このように、音声信号をIPネットワークに流し込んで伝送する技術が「Voice over Internet Protocol」=VoIPです。IP-PBXの電話機能は、このVoIPの仕組みを応用しており、パケット信号の制御をネットワーク機器であるIP-PBXが担います。

パケットを音声信号へ、または音声信号をパケットへ変換するのがIP電話機なのです。これまでアナログのビジネスフォンでも、VoIPゲートウェイを使うことにより IP ネットワークを利用できます。

VoIPゲートウェイは、音声信号とパケットの相互変換と信号の制御を行うアダプターであり、インターネットとPBXの間に挟む事で、IP電話回線を使用可能にします。

IP-PBXの魅力

IP-PBXでは、接続されるネットワークのプロトコルが、すべてTCP/IPとなっているため、IP電話以外にもPCのソフトフォン、スマートフォンなど、多様な端末が接続できます。

さらに、PCのソフトフォンが活用できるな事からもわかるように、CRMやCTIなどの導入もしやすく、拡張性に優れた柔軟な運用が可能です。

従来のビジネスフォンでは外線とつなげた電話は全て通話料が必要となっていました。しかし、インターネット環境に接続さえできれば、拠点間も外出中の営業スタッフのスマートフォンも内線化が可能になり、大幅な通信費の削減が見込めます。

IP-PBXの拡張性

IP-PBXを使ってデジタルデータとなった音声信号や電話番号データなどは、様々な形で利用できます。

IVR機能を使って適切な担当者のソフトフォンへ着信を振り分け、CRMから顧客情報を表示させ、過去の履歴などを見ながら適切な対応を行えます。さらに、その通話録音機能を使い、重要事項の聞き漏らしを防いだり、社内トレーニングに活用できます。

IP-PBXの運用・管理

IP-PBXと電話機のネットワークはLANで構築されているため、電話回線の専門知識が必要となる今までのビジネスフォンと比較し、ネットワークの構築や設定の知識さえあれば、導入はハードルが高いものではなく、管理もわりと造作なくです。

導入時にインターネット環境があれば、施工の必要もなく、配置改変などもLANケーブルの差し替えのみで行え、設定を修正する必要もないのです。スマートフォンや拠点間の内線化も、ユーザー側で設定できます。

IPネットワークは災害時にもつながりやすい事が実証されていて事業継続性の確保にも有利ですが、停電には弱いので念頭に置いておかなければなりません。

クラウドPBXとの違い

IP-PBX自体が、これまでのハードウエアを使ったPBXをさらに進化させたものなのですが、クラウドPBXとはまた違います。オフィス内にIP-PBXが置かれている事に対して、クラウドPBXはクラウド環境にPBXが置かれています。

IP-PBXよりも拡張性・柔軟性が高く、コミュニケーションツールとしてUC機能が提供されるものも多くあります。

さらに、高額な端末を購入する必要がないため、導入において初期費用が大きく抑えられるというメリットがあります。毎月の利用料は通信費などの経費で落とせるという利点があります。

メンテナンスも必要がなく、常に最新の機能の利用ができるのもクラウドPBXだけのメリットといえるでしょう。

TramPBX Cloud

トラムシステムが提供をしているシステムであり、これまでのクラウドPBXでの利点があるのはもちろんのこと、デメリットをできるだけ減らしたサービスなのです。

通信事業者であるトラムシステムでは、自社が提供出来る電話回線、インターネット回線も用意しており、既存で契約している回線の活用も含め、状況に応じて最安値になるようなプランを見積もるサービスを行なうなど、クラウドPBXを利用するにあたって柔軟に対応が可能です。

AWSを利用した強固なプラットフォームによる高い信頼性、99.95%を誇る安定性を持ち、セキュリティ対策も万全です。スピーディーな導入、容易な設定変更、ロケーションフリーというクラウドPBXならではの特性のほか、インスタントメッセージ、チャット、電話・Web会議、プレゼンスなどのUC機能も網羅。シンプルで明快な料金体系で、あらゆるニーズに応えます。

多くの機能を備え、現在市場で大きなシェアを獲得しているIP-PBXは、業務の効率化をはかるとともに、意思決定を迅速化するものだといえます。さらにこれを1歩すすめたクラウドPBXは、時代の流れに対応できる拡張性をもち、様々な働き方を実現させる柔軟性を備えています。

おすすめの多機能クラウドPBXサービス

多くのメリットがあるスマホ内線化をアプリで実現し、手軽な導入と高い拡張性・柔軟性を備えるクラウドPBXのなかでも、特におすすめできる多機能サービスを紹介しましょう。

TramPBX Cloud


– あらゆる企業に対応するスケーラビリティ
– 働き方改革を実現するクラウドPBX
– 高い信頼性と安定性と音声品質

TramPBX Cloudは、外線電話、内線電話、パーク保留、転送、留守電などのビジネスフォン機能はもちろん、UnifiedCommnication = UC機能を網羅したクラウドPBXです。

AWSを利用した強固なプラットフォームによる高い信頼性、99.95%を誇る安定性を持ち、セキュリティ対策も万全です。スピーディーな導入、容易な設定変更、ロケーションフリーというクラウドPBXならではの特性のほか、インスタントメッセージ、チャット、電話・Web会議、プレゼンスなどのUC機能も網羅。シンプルで明快な料金体系で、あらゆるニーズに応えます。


WRITER

トラムシステム(株)メディア編集担当 鈴木 康人

広告代理店にて、雑誌の編集、広告の営業、TV番組の制作、イベントの企画/運営と多岐に携わり、2017年よりトラムシステムに加わる。現在は、通信/音声は一からとなるが、だからこそ「よくわからない」の気持ちを理解して記事執筆を行う。