高品質・安心・スピード対応をお約束、ビジネスフォン ならトラムシステム

Tramsystem

【全国対応】 まずはどんなことでもご相談ください

TEL:0120-082-258

〈受付時間〉
平日9:00〜19:00

お問合せ ・ お見積り

Tramsystem

検討タイミングで知っておくべきこと 起業

携帯電話を持っていれば日常生活に支障はありませんが、クレジットカードを作ったり、銀行に融資を申し込んだりする時には固定電話の番号を聞かれます。
社会に信用されるためにはまだ固定電話がないと厳しいのが現実です。
これから起業・開業を考えていて、ビジネスフォンの導入を考えている方に知っておくべき事をご紹介します。

まずは電話番号と電話回線を取得しましょう。

払い出しは電話回線事業者へ申請し、現地調査を含めて1ヶ月程度かかります。 開業、事業開始の日付には電話を使いたいと思います。ターゲットにしている日時がある程度明確になっていれば、業者に伝えましょう。
もちろんトラムシステムに手配からお任せすることも可能です。

電話番号:「03」や「06」から始まる地域番号が一般的です。
電話回線:1つの番号で同時に通話できる回線数ですch(チャネル)とも呼びます。会社で働く従業員の1/3から1/4程度が目安とされています。

このほかビジネスフォンを導入する際に考えておくことは「事前打ち合わせ」にて詳しく説明しております。

ビジネスフォンを選びます。

それなりに多くのメーカーがあり、メーカーによって見た目や機能も様々です。その中から業務に合った機能を持つメーカーを選びましょう。

メーカーごとの違いについては「ビジネスフォンの比較」にて詳しく説明しています。
特に大事なことは、検討の段階では目先に集中しがちですが、ビジネスフォンには接続できる電話機の台数に上限があります。

あまり予算に気を取られすぎて小規模のものを選んでしまい2〜3年後に余計な安くない出費をすることにならない様、少なくとも2〜3年先のことを考えて検討しましょう。

新品は値段が高いですが、リース契約ができます。最終的な支払額は一括購入より高くなりますが、固定資産税はリース会社の支払いで、リース代金は全額経費計上できますし天災などで故障の際は保険が効きますので、上手く活用できるでしょう。

中古の場合、値段は安いですが、一括購入しかなくメーカー保障は付きません。
新品と中古の比較は「中古と新品の違い」にて詳しく説明しています。
トラムシステムは販売店としての保障を1年付けていますし、レンタルやサブスクリプション、クラウドサービスの形態もご提供しております。
この違いは「選べる導入方法」にて詳しく説明しています。

ビジネスフォンは家庭用電話機と違い電話線を挿すだけでは使うことができません。ビジネスフォンの本体である主装置に回線を接続し、電話機端末まで配線を繋ぎます。
そして主装置に内線・外線・留守番電話などの設定を入れて初めて使用することができます。

他のページを見る