クラウドPBXや電話システムについてIT・通信のプロが解りやすく解説|voice

ビジネスフォンやクラウドPBXを電話・通信のプロがわかりやすく解説!

\ クラウドPBX資料 /

無料ダウンロード

フリーワード検索

2020.10.21

クラウドPBX / 働き方改革 / フリーランス / 個人事業主 / Essential /

フリーランス・個人事業主の働き方改革丨影響・注意点・個人で働き方を変える方法とは|トラムシステム

「企業で働き方改革が進んでいるらしいけどフリーランスだから縁がない」と思っていませんか?働き方改革が目指す路線はフリーランスと密接な関わりがあり、個人事業主や従業員を雇用して活動している方の地位向上および賃金上昇も実現すると言われています。本記事で詳しく解説しますので、フリーランスとして活動中の方は是非ご覧ください。働き方改革の実現に役立つクラウドPBXについても紹介します。

働き方改革とは

働き方改革とは、労働者一人一人が多様な働き方を選択できる社会を実現するため、長時間労働の是正や雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保を目指す改革を指します。日本が直面する「生産年齢人口の減少」や「働くニーズの多様化」に対応し、生産性向上や就業機会の拡大を目指すのが目的です。特に日本企業の多くを占める中小企業では、働き方改革による職場環境改善により、深刻化する人手不足にも対応できると期待されています。

働き方改革によるメリット

働き方改革によって労働者が得られるメリットは、以下の4つです。

・多様な働き方の実現
時短勤務、フレックスタイム、副業など、労働者のニーズや適性に応じた働き方を自由に選択できます。

・介護や育児と並行しての就業
以前の労働環境では離職せざるを得なかった状況でも、テレワークや在宅勤務を利用して終了を継続できます

・ワークライフバランス改善
残業時間などが削減され、ワークライフバランス改善がされます。プライベートに専念できる時間が増え、人生をより豊かにすることが可能です。

・生産性向上を実現
長時間労働是正と並行して業務の棚卸や仕事の見直しが進み、生産性向上が実現します。

企業も働き方改革を通して業務効率化やイメージアップが可能なため、双方にとって利益のある改革となります。

個人事業主・フリーランスが働き方改革で気をつけるべきこと

企業で働く従業員向けに整備された働き方改革ですが、個人事業主やフリーランスにも大小さまざまな影響を与えます。一度は関連法にじっくりと目を通し、自身に影響のありそうな分野を調査してみましょう。ここでは具体的にどのような点に気を付けるべきかを解説します。

1人で仕事をしている場合

完全に個人で活動しているフリーランスの場合、有休休暇や勤務時間といった概念は存在しません。自らの裁量で労働時間や休日を決定します。そのため、一見働き方改革とは無縁のように思えますが、取引先が働き方改革を実行した場合は注意が必要です。例えば、取引先の労働時間削減により、打ち合わせを行う時間が減少するといった弊害が考えられます。

従業員を雇用している場合

従業員を雇用しているフリーランス(個人事業主)の方は、より一層の注意が必要です。働き方改革によって、正規・非正規雇用に関わらず、有休休暇を消費させる義務が生じます。時間外労働の上限もうまく抑える必要があるなど、企業の従業員と同じような待遇にしなければなりません。

働き方改革は個人事業主・フリーランスにどう影響する?

働き方改革は、個人事業主やフリーランスに地位向上、賃金上昇といったポジティブな影響をもたらすといわれています。長時間労働の是正や働き方の多様化を実現するには、業務の一部外注が不可欠だからです。現在個人事業主やフリーランスとして働いている方は、働き方改革によるチャンス拡大を見逃さないようにしましょう。

フリーランスの促進

少子高齢化や産業構造転換を背景とし、人材に柔軟な働き方をもたらす「雇用関係によらない働き方」が注目されています。これまで一般社員として働いていた労働者が自営業、副業を開始できるようになり、最終的にフリーランスを選択するケースも増加するでしょう。

フリーランスを社内制度に組み込もうとする企業も存在します。サービス開発支援を行うK.S.ロジャース株式会社は、新たな雇用制度としてフリーランス正社員制度を導入しました(2020年8月時点)。正社員として雇用しながら月の半分をフリーランスとして活動できる制度で、安定性と自由度の両立が可能です。

参考:K.S.ロジャース、正社員とフリーランスを組み合わせた雇用制度を導入

地位の向上・権利の保護

フリーランスの促進と合わせて、地位と権利を保護するための動きも加速しています。フリーランスは発注側と比べて弱い立場に立たされることが多く、法律による保護が不可欠です。

政府はさまざまな支援策を検討しており、その一つとして「フリーランスの契約書不交付は違法である」と明記するガイドラインを策定中です(2020年6月時点)。フリーランスが発注側から契約書を交付してもらえず、後から契約内容を一方的に変更されるといったケースが問題視されており、是正を目指しています。そのほか実質的な雇用にあたる場合は労働基準法を適用するなど、フリーランス保護の動きが盛んです。

参考:契約書不交付は独禁法上問題 フリーランス保護指針原案―政府

社会保障の拡充

フリーランスが安心して働くための社会保障も、拡充が進んでいます。新型コロナウィルス流行で法的保護の不十分さが指摘されたこともあり、多様な働き方を推進する政府が法律の見直しを検討中です。

その一環として、原則企業に雇われた社員のみ対象の労災保険をフリーランスでも加入できるよう制度改正することを決定しました(2020年6月時点)。法律の改正が実現すれば、仕事やけがで働けなくなったフリーランスも公的な補償を受けられるようになります。

参考:フリーランス労働者の労災、対象を拡大へ 政府が方針

クラウドPBXで自身の働き方改革を実現

働き方改革が進行中とはいえ、法律や制度に守られる会社員とは違い、個人事業主やフリーランスは良くも悪くも「自分次第」な部分が多いといえます。そのような状況でも自身の働きから改革を実行したい方はクラウドPBXを導入しましょう。クラウドPBXがフリーランスや個人事業主の方におすすめな理由を解説します。

クラウドPBXとは

クラウドPBXとは、ビジネスフォンの外線や内線機能を司るPBXの機能をネットワーク上に構築したシステムです。

IP電話(インターネット回線を利用した電話)を配線やPBX無しで利用できるだけでなく、通常のビジネスフォンより低価格な料金で利用できるため、SOHOや個人事業主の方に最適な電話設備です。機能面でも劣ることはなく、ダイヤルインや保留といった機能も付与されています。個人用のスマートフォンも子機にできるため、外出する機会が多いフリーランスや個人事業主の方におすすめです。

クラウドPBXが働き方改革に有効な理由

クラウドPBXで、フリーランスや個人事業主の働き方は大きく変わります。

・コスト削減
これまでビジネスフォンの導入には多額のコストが掛かっていましたが、クラウドPBXは個人事業主向けのサービスなら月額料金数千円で利用できます。個人用スマートフォンを子機にすれば機器代も発生しません。フリーランスにとって貴重な運転資金を温存しつつ、他分野への投資が可能です。「必要な機器を資金不足で買えなかった…」といった事態もなくなり、事業を成功させられる可能性が高まります。

・コミュニケーションの効率化
クラウドPBXは電話、メール、チャット、Web会議といった多様なコミュニケーションを実現するUC(ユニティファイドコミュニケーション)機能を利用できます。コロナで対面での打ち合わせに制限が掛かっている昨今、時間や場所を選ばないコミュニケーションを実現できるのは大きなメリットです。コミュニケーションの効率化で「あと一歩の所で受注を逃した」といった失敗が減り、契約を獲得して収益を向上させるチャンスも増加します。

・オフィス移転が簡単に
クラウドPBXは配線や手間のかかる設置工事が存在しないため、オフィス移転を柔軟に行えます。引っ越しを行っても電話番号が変動しないため、地価の安い地方都市に引っ越すという選択も可能です。「オフィスを移転したいが工事が面倒…」といった悩みを解決し、働き方改革に最適の場所で仕事ができます。

電話設備の刷新、事業全体の効率化、生産性向上を成し遂げ、個人事業やフリーランスを成功させる強力な武器となります。

まとめ

働き方改革によって、フリーランスや個人事業主の働き方に転機が訪れています。待遇向上が期待できる一方で、参入者の増加による競争激化も予想されており、自身の働き方改革も求められるでしょう。クラウドPBXを導入し、業務効率化やコスト削減を実現して競争に打ち勝ちましょう。

1ユーザーから使える多機能クラウドPBXサービス”UNIVOICE Essential”のご紹介

多くのメリットがあるスマホ内線化をアプリで実現し、手軽な導入と高い拡張性・柔軟性を備えるクラウドPBX。そのなかでも、特におすすめの多機能サービスを紹介しましょう。

UNIVOICE Essential powered by Avayaとは、創業以来3,000社以上の導入実績とリピート率92%を超える電話のプロフェッショナル、トラムシステム株式会社が提供する個人事業主・中小企業向けのクラウドPBXです。

– 工事・設備不要
– 月額900円~、1ユーザーから契約可能
– 高い信頼性と安定性と音声品質

UNIVOICE Essentialは、AWSを利用した強固なプラットフォームによる高い信頼性、99.95%を誇る安定性を持ち、セキュリティ対策も万全です。

外線電話、内線電話、パーク保留、転送、留守電などの家庭用電話機にはない豊富な機能が搭載されています。

スピーディーな導入、容易な設定変更、ロケーションフリー、そしてシンプルで明快な料金体系で、あらゆるニーズに応えます。

– 電話設備を構築したいが大規模な工事や設備設置はしたくない
– 外出先でも電話を受けたい
– 電話回線の数を企業成長に合わせて、柔軟にすぐに変更したい
– 固定資産ではなく、サービスとして電話を利用したい

など、これまでの電話の常識を変えるサービスが、UNIVOICE Essentialです。


WRITER

トラムシステム(株)メディア編集担当 鈴木康人

広告代理店にて、雑誌の編集、広告の営業、TV番組の制作、イベントの企画/運営と多岐に携わり、2017年よりトラムシステムに加わる。現在は、通信/音声は一からとなるが、だからこそ「よくわからない」の気持ちを理解して記事執筆を行う。


UNIVOICEが東京MXの「ええじゃないか」という番組に取り上げられました。

注目記事Recommend Post