高品質・安心・スピード対応をお約束、ビジネスフォン ならトラムシステム

Tramsystem

【全国対応】 まずはどんなことでもご相談ください

TEL:0120-082-258

〈受付時間〉
平日9:00〜19:00

お問合せ ・ お見積り

Tramsystem

導入事例
介護施設・訪問介護
介護老人福祉施設 アイリス
iPhoneもAndroidも対応できたのがAvayaだけだった

叶えたい姿は、PHSからスマートフォン1台のみの運用に変え、Wi-Fi環境内だけではなく外部に出た時も内線通話ができる、個人のスマホならAndroidもiPhoneも両方対応するということ。

今回入れ替えに伴って困りごとや社内のニーズをお聞かせ下さい

一番初めのきっかけは、ナースコールが次壊れたら修繕できないっていうところまで使い込まれていたので、ナースコールの入れ替えが大前提でありました。ナースコールを今までPHSのシステムで、職員に通知していたのですが、その電話機の主装置の方もPHSじゃなくてスマホに連動させたかったら主装置も入れ替えなければならない、それであればナースコールもビジネスフォンも全部入れ替えてしまおうというところからスタートしました。

システムや業者を選定するまでを教えて下さい

まずはナースコールありきで調べ始めました。展示会とか色々実際行って、いろんなメーカーのナースコールの音質を色々試してみたのですが、音質であったりとかタイムラグがあったりで、やっぱりアイホンさんとケアコムさんとは比較にならないっていうところがあったので、アイホンさんとケアコムさんにまず絞りました。その2社でビジネスフォンとの連携ができるところを色々調べていました。

アイホンさんとのビジネスフォン連携でおすすめっていうのが、とある国産ビジネスフォンメーカーにあったのですが、基本的にアンドロイド端末にしか対応できないと。すでにナースコールと別件で、介護の記録システムをiosで入れていたので、連携できないのは困るということで除外していきました。

他のメーカーでiosに連携できるという話もありましたが、そちらはAndroidに対応できないと。

叶えたい姿としては、折角ビジネスフォンを入れ替えてPHSからスマートフォン1台のみの運用に変えて、wifi環境内だけではなく外部に出た時も内線通話ができるとかそういう機能が使えるように、個人のスマホならAndroidもIphoneも両方対応するということ。

これが叶えられるメーカーがトラムさんと、大手国内メーカーだけでした。

先に国内メーカーさんに検証してもらったのですが、出来ませんと回答をもらったのでトラムさんのAvayaしか実現できないとなりました。

もう少し待てば日本のものも色々と対応してくるとは思いますが。主装置のキャパが大中小みたいな感じで決まっていて、うちの場合だと大になってしまう。でも大まではいらないんですよね。

内線なんかの許容量が多いので、継ぎ足しはすごく簡単にできますが、逆に使わないところまでのお金を払わないといけないのでコストが高くなる。日本メーカーは、信頼はあるのですが、融通が効かない場合が多いですね。

必要な分だけのコストを払うということでAvayaを選んだという側面もあります。

導入間もないですが現場の皆さんの声はありますか?

現場の声として、ナースコール関しては、鳴ればちゃんとどこで鳴っているかスマホでわかるからすごく便利にはなっているみたいです。固定電話機は使い方が変わって戸惑っていますが、そのうち慣れてくれると思っています。

僕はとても便利になりましたよ。今もそこで立って外線使いましたから。毎回電話機まで行かなくてもいいし。

今後はどのように使っていきますか?

当初イメージしていた使い方は全職員に内線番号があって、都度出勤のたびにそこにある端末と、ナースコールに、自分が今から使うIDにログインをして使う、だから機種は最低限の準備でいいというイメージだったんですけど、ライセンス数だけちょっと多くする必要があるということが分かったので、そこまで最初から計画の中にちゃんと入れ込んでやっておけば理想に近い、僕がイメージしていた形だと思います。

そこから一歩進んで、アイホンとAvayaの連携というところで、今は内線番号とナースコール用の番号が別になっていて、それぞれログインが必要なので、これが携帯のアプリでログインしたらナースコールも内線も鳴らせるというように2つの内線を同じアプリに入れることが出来るようになると2度手間を減らせるのですごくいいシステムになると思っています。
関連した記事もご覧ください