BCCS

  1. ACCS/BCCS
  2. BCCS
アウトバウンドにおすすめ

UNIVOICE BCCS

運用開始以来、その機能、信頼性、スケーラビリティと運用の容易さから
多くのユーザーに支持されているBrekeke コールセンターシステムをプラットフォームにしています。
特にプレディクティブ発信ができ、アウトバウンド発信に強みを持っている点からコールセンターを営業活用していきたいとお考えの 事業者様におすすめできるサービスとなっています。
また、UNIVOICE BCCSはクラウド型だけでなくオンプレミス型も選択することができ、事業者様の スタイルに合わせて柔軟に導入することが可能です。


Features

UNIVOICE BCCSの特徴

  • 高品質で有名なBrekekeコールセンターシステムをプラットフォームに採用

  • プレディクティブ発信が可能であるなどアウトバウンドに最大の強み

  • 独自のCRM機能も搭載

  • オンプレミス型も選択可能

UNIVOICE BCCSは次のようなご希望をお持ちの方に最適なサービスとなっております。

  • コールセンターをアウトバウンドで活用したい
  • 障害時の対応など、より安定したコールセンター運営を行いたい
  • 高い音声品質を求めている
  • アウトバウンドだけでなく、インバウンドでも活用したい
  • CRM機能がより充実しているものが欲しい

以上のご希望をお持ちの方はぜひBCCSの導入をご検討ください


Function

UNIVOICE BCCSの特徴的な機能

アウトバウンド機能(プレディクティブ発信)

CRMなどのアプリケーション画面から、オペレーターがクリック操作をすることにより、発信が行われるプレビュー発信、インバウンドのトラフィックが一定状況下で稼働している場合に、あらかじめ登録されたリストの番号に電話を自動発信し、 可能な限り多くの番号を呼び出し、応答があると直ちにオペレーターへ繋ぐプログレッシブ・プレディクティブ発信があります。 効率的に営業電話を架けることができる上、CRMなどと連携することで事前に顧客情報やトークスクリプトをポップアップ表示しながら 対応することで応対品質も向上。積極的に営業利益を取りにいく「攻め」のコールセンター運営を実現します。続きを読む

簡易CRM機能(顧客情報ポップアップなど)

全チャネルの顧客情報・コンタクト履歴を一元管理します。各チャネルからのコンタクトに対して共通のユーザーインターフェースを用いて対応が可能で、複数問い合わせへの同時処理にも対応。顧客情報のポップアップ表示など業務効率化、オペレーターの業務負担軽減にお役立ていただけます。 そして問い合わせから受け掛けまで一貫した対応が可能となり顧客満足度の向上を実現します。続きを読む

UNIVOICE コールセンターに標準装備されている代表的な機能

  • IVR機能
  • CTI機能
  • ACD機能
  • 待ち呼ルーティング
  • 多階層オートスケジュール
  • DNIS着信
  • レポート機能
  • 発信禁止リスト
    (ブラックリスト)
  • リスト自動消去機能
  • リスト消費率表示
  • リスト消し込み機能
  • 全通話録音
  • チューター
  • モニタリング
  • 着信時双方向チューター
  • コンタクトステータス
  • SFA連携
  • リストインポート機能
  • 発信間隔設定
  • 再コール上限設定
  • 再発信間隔設定
  • コンタクト結果カスタマイズ
  • 発信結果エクスポート機能
  • リストリトライ回数設定

オプション機能

  • 音声認識・テキスト化
  • テキストマイニング


Price

サービス UNIVOICE BCCS
価格(税別)
  • 1オペレーターライセンス¥15,000/月
  • 1SVライセンス¥18,000/月
最低導入数

1ライセンス

・まずは1席からというスモールスタートにも対応

・業務の繁閑、業績の拡大によって柔軟に席数の増減に対応が可能


Simulation

価格はお客様の環境などにより変化します。あくまでも一例としてお考えください

事例

  • 物流
  • SV3
  • オペレーター22
  • 22ch5番号
  • 自社ルーター利用
  • 番号継続
  • の場合

初期費用※追加で工事費がかかります

項目 機器費用 小計
回線収容ゲートウェイ CCS拡張ライセンス
価格 ¥181,100 ¥480,000 ¥661,100

月額費用

項目 スーパーバイザー オペレーター 小計
価格 ¥54,000 ¥264,000 ¥318,000