UNIVOICE Essential

今すぐ会社の電話をスマホで受ける!
テレワーク緊急支援キャンペーン

今なら初期導入費用に加え、月額利用料金2ヶ月分を【特別無料】でご提供!
1週間以内のスピード導入で御社のテレワークをサポートいたします!

キャンペーン内容

初期導入費用と月額利用料金2ヶ月分が
今なら無料!

導入費用シミュレーション

例)UCユーザー3人で使用する場合

初期費用

構築費用 30,000円 + 端末設定費 3,000円 × 3台

39,000円 ➡︎ 0円

月額費用

UCユーザー 月額 1,200円 × 2ヶ月

7,200円 ➡︎ 0円

UNIVOICEが東京MXの「ええじゃないか」という番組に取り上げられました。

UNIVOICE Essential 資料

弊社が提供するクラウドPBXの「UNIVOICE」のセカンドライン「Essential」の機能・料金をまとめ資料にしました。企業の働き方改革通信インフラやテレワークの導入検討にお役立て下さい。

ダウンロード

クラウドPBXとは

クラウドPBXは従来の構内に置かれたPBXをクラウドに移し、インターネット回線を使用し通話および通信を行うサービスです。PBXとは電話交換機とも呼ばれるもので、内線同士をつなげたり外線の管理・制御を行います。従来型のPBX(ビジネスフォン)は物理的な機器を購入し拠点ごとに設置する必要があるためコストがかかる、またメンテナンスの依頼が必要など手間もかかりました。これらのデメリットを解消した新しいサービスがクラウドPBXです。

おすすめ記事

BCP対策としてのクラウドPBX

BCPの必要性

BCPとは、Business Continuity Plan(事業継続計画)の略です。システム停止・情報漏洩・極地災害・大規模災害・テロといったアクシデントが発生した際、優先度の高い業務を早期に復旧し、事業へのダメージを最小限に抑えることを目的としています。

1.BCPが未策定のA社の場合

東京の本社と地方の支社・工場で構成されるA社。ある日、本社が直下型地震の被害を受け、パソコンやキャビネットを破損する被害が発生しました。幸いけが人はいなかったものの、パソコンに保存していた顧客データが消失。バックアップもなく、大きな損害が発生しました。社員も自宅待機を強いられ、復旧に貢献することが不可能です。

2.BCPを策定していたB社

A社と同じく東京の本社と地方の支社・工場で構成されるB社。BCPに基づいたバックアップデータを保存しており、顧客データの流出を防ぐことが出来ました。基幹システムも事前に用意していた予備回線で継続利用し、悪影響を最小限に留めることに成功。事前に整備していたクラウドPBXを利用して社員に在宅業務を遂行させ、早期復旧も成し遂げました。

クラウドPBXによるBCP対策のメリット

  • ・自宅から勤務できる
  • ・物理的な機器が不要
  • ・複数の拠点を一箇所で集中管理できる

クラウドを利用したさまざまサービスの中でも、PBXをクラウド化したクラウドPBXは上記のようなメリットがあり、BCP対策として人気です。災害発生時真っ先に確保すべき通信手段としても、平時でも利用できる機器としても人気が高く、今後もシェアを伸ばしていくことが予想されます。

小規模・個人事業主こそクラウドPBXがおすすめ

クラウドPBXの導入・運用コスト

クラウドPBXの導入には、ハードウェアの設置や電話回線の工事が必要ありません。加えて、クラウドPBXは社員が保有するスマートフォンを内線として利用することが出来るため、従業員用の端末を準備・設置する必要もありません。

運用コストについては、サービスの利用料を毎月ベンダーに支払う仕組みとなっています。内線の回線数かユーザー数によって基本料金が決まっており、1ユーザーあたり月々1,500~2,000円ほどが相場です。

小規模・個人事業主、SOHOがクラウドPBXを利用するメリット

短期間で設置できる

大規模な工事を必要としないので、ビジネスフォンに比べ圧倒的短期間で設置できます。申し込み後は平均して1週間程度で利用できるので、迅速な行動が必要な個人事業主にうってつけです。

スマートフォンで固定電話用電話番号が使える

「これまで個人のスマートフォンを仕事でも使っていたが、今後はプライベートと仕事の番号を分けたい」という要望にも、クラウドPBXは対応できます。クラウドPBXでは専用アプリを通じて会社番号から発信・着信させることが可能です。プライベートとビジネスの電話番号が混ざったり、会社番号で発信するためにわざわざオフィスに戻る必要もありません。

オフィス移転、人員増強に柔軟に対応

オフィスに電話回線を敷いたり固定電話を設置する必要がないため、オフィス移転やレイアウト変更の際にも手間がありません。インターネットを通じて通話するクラウドPBXは、引っ越しやオフィス移転をしても電話番号はそのまま引き継げるので、今後の事業拡大にも柔軟に対応できます。

クラウドPBXを選ぶ際の注意点

余計な機能を付与しない

クラウドPBXサービスにはIVR機能・CTI機能のようなさまざまなオプション機能が設定されていますが、それらを全て導入すると、コストが跳ね上がってしまいます。資料をよく読み、本当に必要なオプションのみ導入するようにしてください。

 

料金について

サービス名UNIVOICE Essential
ユーザー種別TELUC
1ユーザーあたりの月額料金700円1,200円

電話機レンタル 月額1,000円/台

メーカーはAtcomをおすすめしています。

機能について

音質
パーク保留
転送
発信通知番号選択可否
市外局番払い出し
電話機多機能ボタン
共通電話帳*1
全通話録音*2
管理画面設定/変更×
提供形態マルチテナント
連携アプリケーション×
プラットフォームAmazon Web Service
CCSプラットフォーム×
初期費用システム設定
(PBX設定・内線設定・外線設定込)
30,000円
付加作業1
電話機、スマホ設定
3,000円/1台 or 端末
付加作業2
TramLine新規払い出し
契約内容による
付加作業3
Tram光設定作業
契約内容による
【オプション料金】

*1 200円/月/ユーザー

*2 1,000円/月/ユーザー(Essential専用オプション)

キャンペーン内容

初期導入費用と月額利用料金2ヶ月分が
今なら無料!

UNIVOICE Essential 導入までの流れ

  • STEP.01
    お問合せ
    お電話(0120-055-456)、または下記フォームよりお問合せください。
  • STEP.02
    お申込み
    機能説明などご納得いただけましたら、お申込みください。
  • STEP.03
    ご提供
    お申込みから1週間以内にご提供いたします。

UNIVOICEシリーズ導入企業例

IDS株式会社 様

導入前の問題点

家庭用の電話機を使っていて、子機も少ないし、それを社員全員で使い回ししているような状況でした。家庭用でしたし、同時通話も2chだったのですぐ回線が埋まってしまうのがすごくストレスでした。

導入後

今は一人一台使っていて、回線も増やしたので非常に快適に使えています。まだお願いしてないんですが、人が増えた時なども、ユーザーを増やしてもらうだけで使えるようになるので、すごく便利だと思います。

トラムシステムに決めた理由

移転を考えた時、今の家庭用の電話機を脱却しようと、ビジネスフォンのシステムを探していたんですが、クラウドPBXというシステムがあるというのを知って、スマホで会社の番号が取れるのは非常に便利だと思って問い合わせしました。

株式会社ライフポケット 様

申し込んだ理由

独立してECサイトを開設するにあたって、お客様からの問い合わせ番号をフリーダイヤルで1つと、会社の代表番号となる03番号を1つ取得できるという事が最低条件でした。前知識がないのでGoogleで「ip phone ランキング」などのキーワードで検索して3社くらいに絞って電話で問い合わせて行きました。結果、費用・要件に1番フィットしたのがトラムさんだったので申し込みしました。口コミを見る限りトラムさんの評価が1番高かったので、半分最初から決めてましたけどね。

実際使用してみて

最初はうまくかからなかったがいまは何も不具合がないですね。分からない機能も気軽に聞けば教えてくれるので、特に不満はないです。今後は人数が増えた時に契約を変えたり、番号や回線を1つ増やしたりする事を考えています。

今後について

物を置けないレンタルオフィスみたいな所に拠点を増やすことは見込まれているのでお願いしていきたいですね。うちはFMCよりは固定電話の方が人気なので線を1本挿すだけで使える電話機はニーズが高いです。

よくあるご質問

  • QUESTION.01外線発信特番(プレフィクス)を選ぶことは可能ですか?

    可能です。
  • QUESTION.02電話帳は利用出来ますか?

    option(200円/月)にて+電話帳が使用出来ます。
  • QUESTION.03問合せ窓口はどこですか?

    各営業担当もしくはサポートダイヤルへ案内して下さい。
  • QUESTION.04最低利用期間はありますか?

    1か月です。
  • QUESTION.05国際電話は利用出来ますか?

    出来ます。
  • QUESTION.06IVR機能は利用出来ますか?

    可能です。階層により費用が異なります。詳しくはお問合せ下さい。
  • QUESTION.07番号を選ぶことは出来ますか?

    可能です。050・0120・地域番号(03・06・052など)が選択できます。費用が異なりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。


お問合せ・お申込み

お電話でも受け付けております

0120-202-634(キャンペーン専用番号)
お問い合わせ内容話を聞きたい資料請求その他会社・団体名必須ご担当者様名※フルネームでご記入くださいませ。電話番号※繋がりやすい番号をご記入くださませ。メールアドレス備考※こちらにお問い合わせ内容をご記入くださいませ。残りの必須項目/321